あとは頼みます。

ここまでは考えたので…

【作曲】ドラム入門(役割、音域、ベロシティ、ロケーション)

各パーツの役割

f:id:tanomai39:20160307223225p:plain

記譜法

www.drum-drum-drum.com

ドラムの音域

d.hatena.ne.jp

ベロシティの設定

ベロシティ設定はドラムパートを打ち込む際に重要な項目である。 もちろん、ノリを与える上でロケーションは重要であるが、ベロシティを設定してやればロケーション設定がジャストあっても驚くほどノリが出せるようになる。

表拍と裏拍

ハイハットによるアクセントはノリを表現する上で特に重要。

f:id:tanomai39:20160313122615p:plain
ベロシティによってアクセントを自由に操るようにできれば、ドラムの打ち込みのクオリティは格段に高まる。

■表拍(一拍目が強い)

■裏拍(3拍目が強い)

■変則

ロケーションの設定

気持ちよく感じ取れるリズムとは必ずしも正確無比なものとは限らず、多くの場合、微妙なハシリやモタリなどの「揺らぎ感」があってこそ、それが独特のノリを作り出す要素になっている。 打込では、ロケーションで出音のタイミングを操作することによって、これらの効果をシミュレートする。

■スネア 2拍、4拍目のスネアのタイミングでノリが大きく変わってくる。

おわり。