あとは頼みます。

ここまでは考えたので…

【映画】アバウト・タイム~愛おしい時間について~

【映画記録 パート12】「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」

監督:リチャード・カーティス
星評価:★★★★★


あらすじ

21歳の誕生日に、父からタイムトラベル能力があることを知らされたティム。ロンドンで出会ったメアリーと恋に落ちた彼は、タイムトラベルを続けていたが…。

感想

設定は有りがちなタイムトラベルものだったけど、本当に素敵な作品でした。

物語の後半、主人公のティムは本当の幸せについて考え始める。
「同じ日を2度過ごしてごらん。すると見えなかった新しい発見があるものだよ」
1日をやり直すことで見えてくるもの。 平凡な毎日の中にも「愛おしい時間」が溢れていることを知る。 仕事の失敗や迷惑な出来事さえ、見方を変えれば最高の1日になる。

1日の終わりに今日をやり直せたらあの時どんな対応をしただろうかと考えるようになった。
怯えず素直に表現していたら、思いやりを持って行動していたら、全く違った1日になっていたかもしれない。

キャストが良かった。
父親役のビル・ナイが渋くてサイコーに格好よい。メアリーも最高に可愛い。

少年時代に戻って父親と一緒に石投げをする最後のシーン、涙無しにはいられないよ。
家族愛って本当によいなぁ…。 ただ、序盤削ってもいいような、蛇足だった感も否めない。

個人的には傑作の類に入る作品。 おすすめです。