読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとは頼みます。

ここまでは考えたので…

【読書】マンガでわかるプロジェクトマネジメント

【本の読書記録パート16】

筆者:広兼修
表題:マンガでわかるプロジェクトマネジメント

マンガでわかるプロジェクトマネジメント

マンガでわかるプロジェクトマネジメント

プロジェクトとは

プロジェクト:今までにない製品などを決められた期限内につくるような仕事」
「独自性」と「有期性」を持ち合わせている業務のこと。

PMBOK(Project Management Body Of Knowledge)
⇒プロジェクトマネジメント知識体系。過去の成功または失敗プロジェクトの経験則を体系化したもの。

ステークホルダー

プロジェクトに関わる全ての人

<プロジェクトに直接関わる人>
・オーナー:予算に責任を持つ人。スポンサー。
・マネージャー:マネジメント管理に責任を持つ人。
・チームメンバー:マネージャーの指示に下以外、目標に向けて作業を行う人。

<プロジェクトの影響を受ける人>
ユーザー、販売店、メディア関係者など。

プロジェクト計画

プロジェクトを成功させるために必要な作業手順、費用、人材を明確にする。

<プロジェクト計画作成の目的> ・実行可能な計画を作成する
ステークホルダーと共有する
・プロジェクトを進めるときに利用する

スコープとWBS

スコープ:目標実現のために作成すべき成果物や必要な作業
WBS:成果物や作業を管理しやすいように細かく分解したもの

ex.社員旅行」
目的:出来る限り多くの社員が旅行に参加し、年齢、役職を問わずに交流し、互いを知るきっかけとなること。
成功基準:参加者全員が世代の異なる人達の名前と顔を覚えること。 スコープ:企画、準備、手配、指示、終了後の反省会実施まで。

WBS
f:id:tanomai39:20170102111922p:plain:w500

アクティビティ定義

アクティビティ定義:WBSで作業を管理しやすいように細かく定義すること。

資源見積:作業者や利用する機材がどれくらい必要か算出する。

所要期間見積:各作業にかかわる期間を算出する。
⇒類推見積、係数見積、3点見積などがある。

<スケジュールの短縮>

クリティカルパス法:どの作業期間が長くなっているか調べる。 クラッシング:資源を追加し、所要期間を短縮する。
ファストトラッキング:並行に作業を行い、所要期間を短縮する。

コストの見積と予算作成

<3つの方法> ・類推見積:過去の類似プロジェクトで発生したコストを参考にする方法。
ボトムアップ見積:アクティビティごとの発生するコストを集計して総額を算出する方法。
・係数見積:過去のプロジェクトなどをもとに、コストとそれに影響を及ぼす変数との関係。

フォローアップ

調達:外部から製品やサービス、作業の一部を提供してもらうこと。
評価基準を用いて比較検討を行う⇒世界一やさしい問題解決の手法「評価軸×評価リスト」と同じ手法。

f:id:tanomai39:20170102125657p:plain

品質:顧客満足度が重要。検査よりも予防。

リスク:プロジェクトの目標や作業に影響が出てしまう事項。
回避、天下、軽減、受容の4つがある。

f:id:tanomai39:20170102130609p:plain

感想

プロジェクトマネジメントを学びたいと思ったきっかけは何だったか。最近Shirobakoというアニメを見て、これってプロマネの話だよねって気付いた…もしドラよりも確実に。

プロジェクトマネジメントを学ぶための導入としてマンガで分かるシリーズをはじめて読んでみたけど、まぁ読まなくてもよいかな…。 用語を羅列するばかりの記録となってしまった。

PMBOKの手順を学び、あらゆる作業を定型化していきたい。ロジカルシンキングと同様に、MECEでモレなくダブりなく作業を細分化していくところまでは同じ。WBSへの落とし込み(資源と所要時間の見積)、進捗状況の管理はもう少し具体的に習得したいところ。
ロジカルシンキング×プロジェクトマネジメントの手法を確立できれば、作業効率はぐっと上がるはずなので他の参考書も読んでみたい。 付録で「結婚式プロジェクト」がまとめあったので、参考までに。