読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あとは頼みます。

ここまでは考えたので…

【読書】人生がときめく片付けの魔法

読書

【本の読書記録パート18】

筆者:近藤麻理恵
表題:人生がときめく片付けの魔法

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

片付けでやるべきことは2つ

大きく2つ、順番は以下の通り。
①:捨てる:モノを捨てるかどうか見極めること。
②:定位置:モノの定位置を決めること。

「捨てる」の作業が終わるまでは、収納については考えないこと。 まずは捨てることのみを考える。

捨てる

一気に、短期に、完璧に片付ける

片付けのリバウンドがもたらす「負のスパイラル」から抜け出すための方法はただ一つ。片付けを、効率よく一気に進め、できるだけ短期間に。そして一度でよいので完璧に片付けられた状態をつくってしまうこと。

「場所別」ではなく「モノ別」に片付ける

今日はこの部屋を片付けようではなく、今日は洋服、明日は本棚…というように、「モノ」ごとに片付けを進めていくようにすること。

基本の捨てる順番は、①衣類、②本類、③書類、④小物類、⑤思い出品。

全てを床に並べて、それからカテゴリー毎に捨てる。
ポイントは「触った瞬間にときめくかどうか」で判断する。

定位置を決める

あらゆるモノの定位置を決める。 一つでも住所不定のモノがあると、散らかる可能性が一気に高まる。

何でも出来るだけ立てて収納する。

感想

うーん…私には合わなかった残念。 「モノを触ったときにときめくかどうか」で決めるっても感覚の問題で…どうも読みにくい。
おそらく全て文字で伝えようとしているのがダメなのでは、写真か絵で表現するべき。
探すとイラストが掲載されている本もあるみたいでした。自慢話ばっかりで面白くなかったので、買おうとは思わないけど。 片付けしたら人生が変わるみたいなことが書いてあったけど、私はそうは思いません(あばれる君風)
どうにか片付け出来るようになりたいので、他の本読んでみようかと思ってます。