あとは頼みます。

ここまでは考えたので…

【映画】アナザー・プラネット

【映画記録 パート18】 アナザー・プラネット

監督:マイク・ケイヒル
星評価:★★★★☆


あらすじ

ローダはある夜、不思議な惑星が空にあるのを目撃。気を取られるあまりに衝突事故を起こしてしまい、妊婦と子どもが亡くなってしまう。4年の刑期を経て出所したローダは、清掃会社のスタッフとして被害者の夫ジョンの家へ定期的に通うことになった。だが例の不思議な惑星が、同じ人間が存在する“もう一つの地球”であることを知ってしまい…。

感想

映画がはじまった当初から音楽と共鳴した美しい映画だった。
また主演ウィリアム・メイポーザーのシリアスな演技が格好良い。

自分の存在意義と償い。

自分は何者なのか、別の世界のいる自分はどんな生活をしているのか。
思いを馳せながら償いの日々は続く。

被害者の家で献身的に家事を代行することで、少しずつ生きる希望を見出す。
冷たく接していた清掃のじいちゃんにも優しくなる。

個人的にはwiiでボクシングしてるシーン、そしてラストが最THE高。
ラストシーン、どーんってくるものあった。

もう一つの世界では、服装からしてもしかすると…。