あとは頼みます。

ここまでは考えたので…

【作曲】neco眠る

【楽曲分析 パート2:neco眠る


関西を中心に活動するインスト・ダブ・バンド。
脱力感と中毒性のあるフレーズ。童心。

音作り

*ドラム
・カーベルで脱力感。
・スチールパン使うとそれっぽい。

*ベース
他楽器がモーション多いので、あまり動かない。

*ギター
・単音弾きでリードフレーズを作る。
・サイドはカッティング。
・ペンタトニックスケールを使用。

*シンセ
・ワウワウで脱力感。
・たまにボコーダーも使う。
・ピアニカを使用。

スケール

キー:Dメジャースケール

<鍵盤>
f:id:tanomai39:20170212151426p:plain:w350

<ギター>
f:id:tanomai39:20170212151112p:plain

フレーズ分析(Boy)

f:id:tanomai39:20170124215044p:plain

f:id:tanomai39:20170124215054p:plain

2小節目:8分休符有り
4小節目:跳躍進行(下行+上行)

作ってみた

boyと同じDメジャースケールで作ってみた。
MIDI感」、「チープ感」が上手く出せなかったのはある。 ペンタトニックで作ると日本っぽくなる。いわゆるヨナ抜きというやつ。

MIXは何もしてないので、また今度。

BOY

BOY