あとは頼みます。

ここまでは考えたので…

【トレード】テクニカル分析入門③(逆張り)

逆張りとは

トレンドと反対方向へと取引を行うこと

レンジ相場

・レンジが発生する場面は買いと売りが拮抗していてエネルギーを溜めている状況
・レンジ上限と下限に水平線をひくことができ、そのライン内を行ったり来たりしている状況をレンジ相場という。
・ある程度値幅が大きいレンジ相場と値幅が小さいレンジ相場の2種類に分けられる。
・レンジのときはMA、雲は機能していないので、判断の基準としない。

エントリー条件

日足より上位で値幅の大きいレンジ相場が発生している場合に限る
※値幅の小さいレンジ相場(トレンド発生中の中段持ち合い)では使用しない。

f:id:tanomai39:20170702144436p:plain:w300

エントリータイミング

・±2σをはみ出て、少し内側に入り直近の高値・安値割れできなかったタイミング
・日足より上位がレンジ相場の場合、見るのは長期足でBB±2σでヒゲをつけるかどうかのみ
・トレンドフォロー中とは戦略が全く違うので頭を切り替える。

f:id:tanomai39:20170702151322p:plain

・長期足で反転を示す確率の高いサイン(BB±σ2にヒゲ)をつけるかを確認する
・最低でも2つ目の山または谷で入る。
・エントリーが早ければ早いほど、損切り値は浅く済むことを意識する
(騙しだということを確認して、上下ひげでエントリーいれる※かなり練習が必要)
・想定違いでトレンド相場となれば、躊躇無く損切りすること

利確タイミング

f:id:tanomai39:20170702150732p:plain:w400

戦略パターン